志望動機を書くポイント|受験生必見!例文などを参考に志望動機を作成していきましょう
矢印

面接のマナーや志望動機を例文をもとに作成するポイント

面接のマナーもきちんとチェックして!

志望動機が良く書けたとしても、面接が上手く行かないといった事が無いように準備しておく必要があるでしょう。面接におけるマナーをチェックして、不安要素を潰していきましょう!

面接を受ける時のマナー【重要度順】

no.1

時間に遅れないように

面接を受ける際に非常に大切となってくるのが、時間を厳守するという事です。もしも時間に遅れてしまうと、周囲に多大な迷惑をかけてしまうこともありますし、最悪の場合には面接が行われないような事もあるでしょう。

no.2

挨拶をきちんと行う

入室する際の「失礼します」、退室する際の「ありがとうございました」といった挨拶は、非常に大切となるものです。特に入室する際には、面接官に良い印象を与える必要があるでしょう。大きな声で、ハキハキとした態度をとる事が望ましいのです。

no.3

見た目をチェック

人の印象は見た目に大きな影響を与えるものです。したがって、自分の身だしなみがキチンとしているかを入念にチェックするようにしましょう。特に裾・丈の長さや靴が汚れていないかといった事が重要となります。

no.4

言葉の使い方を見直して

学生は敬語が使い慣れていないこともありますから、ついつい話し言葉が出てしまうといった事もあるでしょう。面接では話し言葉を使用すると印象が悪くなってしまうものです。したがって敬語が苦手な場合には、面接の練習を行っておくことが大切でしょう。

no.5

待ち時間もキチンと

待ち時間は非常に長いこともあり、退屈になってしまう事もあります。そんな時に普段通りに過ごしてしまうと、だらしない印象を与えてしまう事もあるでしょう。待ち時間であったとしても気を抜かないように注意する必要があるのです。

志望動機を書くポイント

男性

志望動機は例文を参考にして

志望動機を書く際には、例文を参考にしてみると良いでしょう。・自分が得意としている勉強・自分が興味のある物事・今まで取り組んできた部活動・どんな経験があるのか・自分が尊敬している人・影響を受けた本や映画など、志望動機の例文では以上のような内容が書かれていることが多くあるでしょう。

学校の内容に触れること

志望動機を書く際には学校の特徴について触れていくことで学校の事を理解している事を伝えることが出来ますし、志望動機に説得力を付けることができるでしょう。例えば具体的な授業内容に触れること、学校で行われている活動、他の学校には無いような特徴といった内容を盛り込むことが望ましいのです。

卒業した後の展望

卒業した後の希望する職業などについて触れることで、全体の説得力をさらにアップさせることが可能となります。職業が具体的に無い場合には、希望する分野などについて明記するようにしましょう。志望する理由、学校の内容、自分の将来の計画に一貫性があることで、良い志望動機を作成することが出来るのです。